3分で分かる! 投票までの流れ

 

Advertisement

投票箱

自分の住んでいる地域で選挙が始まったけど、初めて投票に行くから不安だという方や、投票の仕方を忘れてしまったという方もいると思います。
ここでは、その投票の流れを簡単に説明しましょう。

投票所への入場券が届く

自宅宛てに投票所への入場券が届きます。

この入場券には投票日や投票場所が書かれています。

 

投票所へ向かう

投票日当日に投票する場合は、入場券に書かれている投票所へ行きましょう。

また、投票日当日は都合が悪かったりする場合は、期日前投票を利用しましょう。

期日前投票の場合は、お住いの自治体の期日前投票所へ行って投票を行います。期日前投票は告示日翌日から投票日前日まで受け付けています。

 

受付で入場券を渡し、本人確認を受ける

受付で持ってきた投票所の入場券を渡し、選挙人名簿に載っている本人かどうかの確認を受けます。

また、もし入場券を忘れた場合でも、身分証明書などの本人確認ができるものがあれば投票が可能です。

 

Advertisement

投票用紙を受け取って、投票記載所で記載する

投票記載所の画像

本人確認が終わったら、投票用紙を交付係から受け取って、投票記載所で記載します。

投票用紙には投票する候補者1名の氏名以外の余計なことを書いたり、複数の候補者の名前を書かないようにしましょう。無効票にされてしまうことがあります。

また、候補者の氏名も誤字脱字なくしっかり書くようにしましょう。

 

投票箱に投票用紙を入れる

投票の画像

最後に、記入した投票用紙を投票箱へ入れます。

投票の流れは以上となります。初めて投票に行くという方や、これまで投票に行ったことがなかったという方も、これを機に投票に行き、政治に自分の意見を反映させていきましょう。

候補者のことがよく分からなくて投票しづらいという方は、都道府県から選挙を検索のページから自分の地域の選挙情報を検索して候補者の情報を参考にしてみてください。